日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」という驚くべき最強のミニマルプラン

私、日本通信SIMに乗り換えてもうすぐ一年になるユーザーです。日本通信SIMに乗り換えたので手順や方法や日数や感想などレビューします【ありがとうLINEモバイル、そしてさようなら】おかげさまで、非常に快適かつリーズナブルなスマホライフを満喫しております。

実は先程、久しぶりに日本通信SIMのサイトを見てみたら、「合理的シンプル290プラン」とかいう、最安で月額税込み290円でスマホを使えるプランを発見し、軽く驚いています。

少し前までは、同じく日本通信が提供するb-mobileの「990 JUST FIT SIM」という、月額最安990円のプランが最強だと思っていましたが、、、

この「合理的シンプル290プラン」は、あらゆる面でそれを”軽々”と超えて来た印象です。

「合理的シンプル290プラン」とは

まずはこの「合理的シンプル290プラン」の基本的な内容についてご紹介しましょう。

基本内容

月額基本料金 税込み290円(データ1GB付き)
通話料 11円/30秒(アプリ不要)
追加データ料金 220円/1GB(上限100GB/月)
データ繰り越し
なし

以上です。非常にシンプルでわかりやすいですね。

月額基本料金に1GB分のデータが含まれていますので、発信通話をせず、データ利用も1GB以内に収めることができれば、月のスマホ代は290円だけで済みます。

税込み290円です。ちょっと嘘みたいですね。

定額通話オプションあり

「割と通話するから定額通話があると助かる」という方、ご安心ください。定額通話オプションも2種類用意されています。

70分無料 税込み700円
かけ放題 税込み1,600円

ベースになる月額基本料金に、追加データと定額通話オプションを組み合わせることで、いろいろなパターンのニーズに柔軟かつリーズナブルに対応することができるのが「合理的シンプル290プラン」の最大の特徴だと言えるでしょう。

特筆すべきポイント

特筆すべきポイントは以下の2つです。

  • 通話アプリ不要
  • 追加データが安い

通話アプリ不要

日本通信SIMのプランでは、通話アプリを使用しなくても、一般的な携帯会社の通話料の半分程度の料金で発信通話ができます。

大手・格安SIM問わず、大体どの携帯会社でも通話料金は20円/30秒ですが、通話アプリを使用(またはプレフィクス番号を使用)することで半額程度になります。

しかしこの日本通信SIMのプランでは、通話アプリを使わなくても通常の半額程度の11円/30秒で通話が可能です。

何も考えず普通に電話するだけでOKなので非常に簡単。面倒なことが一切ありません。

追加データが安い

追加データの料金が他と比べてかなり安いです。

一般的に大手・格安SIMの追加データの購入料金は税込1,100円/1GBが相場ですが、この「合理的シンプル290プラン」の場合、税込220円/1GBでデータの追加購入が可能です。日本通信SIM:料金・プラン一覧表

比較のため、以下にその他携帯会社のデータ追加購入案内ページへのリンクを貼付します。

1/5ですので、これはもう圧倒的に安いと言って構わないと思います。

注意すべきポイント

一方、注意すべき点もいくつかあります。

  • データ繰り越し無し
  • データを使い切ったら通信できない

データ繰り越し無し

この「合理的シンプル290プラン」に限らず、日本通信SIMのプランでは余ったデータの繰り越しができません。

また、友達や家族に使わなかった自分のデータをプレゼントすることもできません。

この点は、日本通信SIMが提供する他のプランでも同様です。データ容量の提供に関する考え方がその他の携帯会社とは異なっているのだと思います。

データを使い切ったら通信できない

「合理的シンプル290プラン」では、持っているデータを使い切ってしまった場合、通信が一切できなくなってしまいます。

一般的なプランでは、データを使い切っても低速で通信ができるものがほとんどですが、この「合理的シンプル290プラン」は低速ですら通信不可になります。つまりネットに繋がらないので、動画はおろか、テキストデータやメール、もちろんLINEも受信できません。

日本通信SIMの他のプランでは、データ容量を使い切っても低速でなら通信が可能ですが、この「合理的シンプル290プラン」は非常に安価な分、ダメなものはダメ!という感じですっぱり切られてしまうようです。

最強のミニマル料金プラン

ざっと駆け足で「合理的シンプル290プラン」についてご紹介してきましたが、「スマホはそれほど使わないので料金をできるだけ安く抑えたい」という人にとっての最適解になると思います。

一方で「通話するし動画もそこそこ見る」という人の場合は、「合理的みんなのプラン」や「合理的20GBプラン」にしてしまった方がいいケースもあるでしょう。

見極めが難しいところですが、一連の「合理的〜」プラン間での変更も順次できるようになるようです。(2022年2月21日現在プラン変更不可)

なので、まずは最小限での利用を想定して「合理的シンプル290プラン」を契約し、利用状況に合わせてプランを変更するのが良いかもしれません。

こどものスマホデビューにも良いかもですね

「合理的シンプル290プラン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。