フェルトのプランターは普通に使えるので心配無用【使用歴1年以上】

フェルトのプランターを使いはじめて1年と少しになります。

購入にいたったきっかけは忘れてしまいましたが、改めて考えるとコスパは良いし丈夫で軽いし、普通以上に使えるいい買い物でした。

ということで、現在進行系で使用中のユーザーによる、フェルトのプランターのレビューをどうぞ。

フェルトのプランターとは

フェルトのプランターというのは、文字通りフェルト素材のプランターです。

「まったく想像できない」という人は、フェルトのトートバッグを思い浮かべてもらえればほぼOKかと思います。

僕がはじめて買った2020年1月頃は底の丸いバケツ型しかなかったのですが、今では四角形のものやら壁掛けタイプのものやら、色々あってびっくりしました。


使用実績

2020年1月から実際に使用しており、主にぶどうの苗を育てるのに使っていました。はじめてフェルトのプランターに植え替えたときの記録はこちらです。ぶどうを種から育てる育成記録〜その7

最初は「大丈夫かな?」と心配もあったのですが、ぶどうの苗も元気に育ちましたし、使っていて不便に感じることもありませんでした。

ぶどうの苗は大きくなってしまったので違うプランターに植え替えましたが、今でもどんぐりやハナミズキの実生栽培に使っています。【ベランダ歳時記003】ハナミズキの種と柿の種をプランターに植え付けるどんぐりを育ててみようベランダで【どんぐり栽培記録 01】

フェルトのプランターのメリット

安い

僕が使っているのは、サイズが直径18cmx高さ15cmで、5個入り1400円位のフェルトのプランターです。

1個あたり280円位なので、探せばもっと安いプランターもあると思いますけど、まあ十分リーズナブルだと思います。

軽い

フェルトなので軽いです。

プラスチックのプランターも別に重くはないですけど、フェルトのプランターはきっと想像を遥かに超える軽さです。

丈夫

「フェルト」と聞くと、「布でしょ?大丈夫なのかな、、、」と思いますよね?僕も始めは耐久性が気になっていました。

しかし、それはまったく問題ありません。1年以上使っていても、ほぼ劣化は見られませんでした。

何かをぶつけたり、高いところから落としたりしても破損の心配がないところも安心です。

持ち運びが楽

フェルト素材で軽いのと、持ち手がついているので持ち運びが楽です。

場所の移動や手入れをする際の体への負担がまったく違います。

省スペースで保管できる

フェルトのプランターは未使用の状態では折りたたんであるので、これまたびっくりするくらい場所を取りません。

僕は本棚にしまっていたのですが、場所を取らなすぎてどこにしまったのか忘れてしまいました。

逆に注意ですね

フェルトのプランターのデメリット

軽い

「軽い」ということはメリットでもありデメリットでもあります。

なぜかというと、背の植物を植えた場合に重さがない分不安定になり、倒れやすくなってしまうからです。

我が家の場合、ぶどうの苗は支柱に誘引していたのでかなり伸びても問題はありませんでしたが、例えば僕の背丈くらいあるもみじをフェルトのプランターに植えたとしたら、トップヘビー過ぎて不安定になってしいます。

リユースがしにくい?

繰り返し使うのには向かないかもしれません。

実際、僕はぶどうの苗を植え替えたときに、もともと植わっていたフェルトプランターは捨ててしまいました。

耐久性的にはおそらく何度か繰り返し使えるのだと思いますが、フェルト地にこびりついた土や苔なんかをこそげ落として、さらに水洗いでもしてから乾かしてまた使うというのは面倒に感じます。

、、、でも、できないとことでもなさそうなので、次回は繰り返し使うことにチャレンジしてみたいと思っています。

使う前に気になっていた事

水はけは?

水はけはまったく問題ありません。

というか、むしろプラスチックのプランターよりも水はけや通気性は優れていると思います。だって、プラスチックは水も空気も通さないけれど、フェルトは通しますからね。

保水力は?

保水力も問題ありません。

実際に使い始める前は水はけよりも保水力の方が心配で、「夏の暑い時期には干からびてしまうのではないか?」と気になっていましたが、結果的にはまったく心配無用、問題ありませんでした。

真夏のベランダでの使用でも、朝一度の水やりで水枯れしませんでしたし、夕方に触ってもまだ湿っているので、想像しているよりも保水力もあります。

他素材のプランターと遜色ない

他の素材のプランター、例えば素焼きや陶器、プラスチックのものと比べた時にも劣っているところは殆どありません。

決定的なデメリットになり得るのは「軽い」ということだと思うのですが、裏を返せばメリットにもなります。そう考えると、フェルトのプランターは非常に優れた存在なのかもしれません。

フェルトのプランターは普通に使える

ということで、フェルトのプランターについて実際に使ってきた感想を述べてきましたが、一番お伝えしたいのは、「普通に使えるから大丈夫」ということです。

やっぱりプランターといえば素焼きやプラスチックのイメージがあると思うので、フェルトのプランターがあるという情報を知っていたとしても、なかなかすぐに「使ってみよう!」とチャレンジできる人は少ないんじゃないでしょうか。

僕も少し購入を躊躇したのでその気持ちわかります

でも、普通に使えるので大丈夫です。というか、むしろメリットが多いのでおすすめできます。

まあプランターは機能だけじゃないですし、見た目の好みとかもあると思うので、「おすすめです!」と声を大にしていうわけではないですが、、、

でも少なくとも、興味を持っている人には自信を持って「普通に使えるので大丈夫ですよ!」とおすすめできます。

この前の植え替えで、僕もフェルトのプランターのストックが無くなってしまったので、今度は丸じゃなく違う形のも試してみたいですね。壁掛けのとか面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です