KEEN JASPER(ジャスパー)汎用性が高く丈夫で長持ち

KEENのJASPER(ジャスパー)を履き始めてもうすぐ2年になります。

だいぶ足にもなじんでいい感じになってきました。まだまだこれからもヘビーユースできそうです。

KEEN JASPERとは

特徴


クライミングシューズをモチーフにした、ホールド性の高いレースシステム
フットベッドは肉厚でクッション性に優れ、取り外しも可能
天然原料による抗菌防臭加工 CLEANSPORT NXTを採用
CLEANSPORT NXTはTHE STEWART GROUPの登録商標です
LWG認証取得の製革所で加工された環境優先型プレミアムレザーを使用
カスタマイズが楽しめるアディショナルシューレース付き

KEEN公式ページより

素材


アッパーには天然皮革スエードを採用
フットベッド一体型ミッドソール
踏み跡を残さず、耐摩耗性とグリップ性に優れたノンマーキングラバーアウトソール
吸湿性に優れたライニング素材
リサイクルPUにコルクを混ぜ込んだ環境配慮型フットベッド

KEEN公式ページより

感想:良いところ

個性的

デザインや色使いが個性的で僕はとても好きです。履いている人をあまり見かけないのも良い、差別化は大切ですよね。

丈夫で長持ち

汚れてきてはいるものの、破れや綻びなどは一切ありません。ゴム底と本体の接合部もまだまだしっかりしています。

履き初めの頃、キレイだがまだ固い
履き始めて2年、足に馴染んでいい感じ。

防水性

雨の日でも構わずに履いていますが、靴の中が濡れるようなことはありません。多少の水たまりなら平気で歩けます。

汎用性が高い

僕は大体シンプルでカジュアルな服装で過ごしていますが、割とどんなパターンにも合わせられます。

感想:良くないところ

履きにくい

履き込むとだいぶ軟らかくなりますが、それでも普通のスニーカーに比べてかたいので履くのに時間がかかります。

紐がほどけやすい

普通に結ぶだけだと付属の靴紐はとてもほどけやすいです。

平たい紐ではなく細いロープのようなかなりしっかりした組紐なので、もとに戻ろうとする復元力がすごいのだと思います。

普通に歩いているだけでも解けてきてしまうのでイライラします。

靴紐がほどけないようにするには

靴紐をバンジーコードに替える

普通の靴紐ではなく、結ぶ必要のないバンジーコード(ゴム紐)の靴紐にすればほどけません。靴を履く際も楽ですね。

ほどけない結び方にする

普通の蝶結びではなくほどけにくい結び方に変更すればOK、少し面倒ですが慣れれば問題ありません。

こちらの動画で”靴紐博士”のイアンさんがわかりやすく解説してくれています。

KEEN JASPERの靴紐がほどけないようにする方法についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。KEEN JASPERの靴紐がほどけないようにする方法

まとめ:次は違う色がほしい

コストパフォーマンスが良いのでリピートしたいと思っています。

次は違う色が欲しいですね。

【2020年1月29日追記】現行モデルでは紐の長さがちょうど良くなり、ほどけにくく(普通に)なりました!キーン ジャスパー(KEEN JASPER)は現行モデルのほうが履きやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です