ガーミン235Jを10ヶ月使ってみて機能や使用感を本音で語る

以前にもレビューを書きましたが、読み返してみるとどうも通り一遍のことしか言っていないので、今度はもっとフランクに本音を語ります。

ちなみに、こちらが前回のレビュー記事です。

高機能ランニングウォッチガーミン235Jレビュー

ずっとつけていても気にならない

 

まず、ガーミン235Jは軽いです。

そしてリストバンドがシリコンゴムみたいなサラッとしている伸縮性のある素材でできていて、腕によくフィットします。なのでつけ心地がとても良いです。

 

 

僕はどちらかというと腕時計が苦手でずっと使わずに過ごしていましたが、このガーミン235Jは腕につけていても気にならないので大丈夫みたいです。

でもたまに腕がかゆくなる

 

でもずっとつけていると腕がかゆくなります。

とくに夏場は汗をかきやすいので、一日中つけっぱなしにはできません。

たまに外して、腕をクールダウンするようにしています。

 

 

あとリストバンドがフィットするので、ずっとつけているとバンドのエンボスの跡が腕につきます。

それがまたかゆいので、ちょくちょく外してもみほぐしたりしています。

思っていたより丈夫

 

ガーミン235Jは、買う前に考えていたよりもずっと丈夫です。

盤面のガラスに防護フィルムなどを付けたりしていませんが、普通に使っていても傷がついたりしません。

生活したり仕事したりしていると、やっぱりたまにぶつけたりしてしまいますが、その程度の衝撃なら全然大丈夫。

盤面はまだまだノーダメージです。

 

 

リストバンドも表面が多少擦れてはいますが、その他はほぼダメージがありません。

革のバンドの場合、長く使っていると穴が広がってきたりクセがついてきてしまいますが、このガーミン235Jのリストバンドはそんなことはなく、今でもほぼ購入時のままという印象です。

素材的に丈夫にできているのでしょうね。

シャワーで洗えるから手入れが簡単

 

取説には「湿らせた布で拭いてください」と書いてありますが、いつもランニングから帰ってきたらそのまま一緒にシャワーを浴びて、ガーミン235Jも一緒に洗ってしまいます。

 

ガーミン235Jは50m防水(5気圧防水)です。

 

日本腕時計協会のウェブサイトによれば、5気圧防水とは

水に触れる機会の多い水仕事(漁業・農業・洗車・食堂など)や水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)をされる方にお使いいただけます。
素潜り(スキンダイビング)及び飽和潜水用や空気潜水用に使用しないで下さい。
5bar以上の防水時計でも水圧の激しいシャワーや水道水が直接時計に当たらないようご注意下さい。

日本腕時計協会ウェブサイトより

とうことなので、着用したままシャワーを浴びることは非推奨のようですが、強い勢いで直接水を当てなければ大丈夫じゃないかなと思います。

つけたまま泳ぐのはダメみたいです。

それで壊れたという話をネットなどでいくつか見つけたので、ガーミン235Jをつけたまま泳ぐのはやめましょう。

ずっと洗わないと臭くなる

革のリストバンドに比べたら全然ですが、ずっと洗わないでいるとやはりちょっと酸っぱいような臭いがします。

それでもそんなに強くは臭いません。

リストバンドを外して、鼻を近づけるとかすかに感じる程度です。

たぶん防菌・防汚性能が優れているのだと思います。

臭くなっても水洗いすれば、すぐ臭いはとれるのでOKです。

充電は週一ペース

ガーミン235Jは充電式ですが、かなり長持ちします。

充電するのは、だいたい週に一度です。

僕の場合は家では外しているので、帰宅したら外して、そのときにバッテリー残量が少なくなっていたら充電する感じです。

 

 

充電用のコードがちょっと面白い。

端子のついた洗濯バサミみたいなのでガーミンの充電用端子を挟んで、もう一方をPCのUSB端子に差し込んで行います。

これが割とに楽しくて好きです。

 

通知はOFFにしている

 

ガーミン235Jのセールスポイントの一つに、スマホからの通知を受信できるという機能がありますが、これはOFFにしています。

これをつけていると、しょっちゅう通知が来てビービーうるさいのです。

僕の場合は、いまのところそれほど長い距離も走りませんし、そもそも走るときにはスマホを持たないので必要のない機能です。

ですが、今後帰宅ランをしようかと考えているので、そのときにはこの機能があるのは便利なのかなと思っています。

スマホはバックパックに収納したままで、着信やLINEなどの通知が受けられるので便利かなと。

そんなに重要な連絡が来ることはめったにありませんが、「牛乳買ってきて」とか「ビールがもう無い」とかたまにあるので、気が付かないとちょっと困ることもあります。

ランニングを継続できた要因に



今までのところ、概ね満足しており、ガーミン235Jを買って良かったなと感じています。

やっぱりこれがあるおかげで、ランニングを続けるモチベーション維持にも役に立っています。

また、歩数計や心拍計の機能もついているので、健康に対する意識も自然と高まります。

ダイエットの一環としてランニングを初めて、なんだかんだでもうすぐ一年になるのですが、ガーミン235Jを買っていなかったらここまで続かなかったかもしれません。

 

 

アプリと連携させることで、いつ・どこで・どれくらい走ったかやその時の心拍数やピッチなど、自分のランニング履歴が詳細に残ることもガーミン235Jの大きな魅力です。

やっぱり目に見える形で、数字で記録すること、それを残していくことは、物事を継続するためには大切なんだなと痛感しています。

それから、「今日はいまいち気が乗らないな」というときでも、ランニングウェアに着替えて、ガーミン235Jを腕に巻いて、ランニングシューズを履いて、と準備をしていくうちに「よし、走るぞ」という気持ちになります。

以前の僕は形から入ることに否定的でしたが、考えが変わりました。

うまく利用できれば形から入るのもありだと思います。

違う機種もちょっと気になる

ということで、ガーミン235Jにかなり感謝しているわけですが、実は他の機種も少し気になっています。

それがこのガーミンForeAthlete 945、今使っている235Jの上位モデルの最新機種ですね。

 

この945は、当然のこととして235Jでできることは全部できる上に、音楽再生機能とクレジット決済機能が付いている上に、カラーのマッピング機能までついています。

長距離ランに行くときにこれがあると、だいぶ便利だなと思っています。

まだしばらくはお世話になる予定

 

他の機種も気になりますが、まだしばらく僕の相棒は235Jのままになりそうです。

まだまだ全然使えますし、休日に4,5キロ走るくらいのお気楽ランナーなので、機能的にも全然不満はありません。かえって十分すぎるくらいです。

同じグレードで新しいのも出ているようですが、僕はデザイン的にこの235Jの方が好きですね。

新しいのは今ひとつかっこよくない。これは親の贔屓目かもしれませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です