セレッシャルシーズニングのシナモンアップルスパイス【ハーブティー】

ここしばらく愛飲しているハーブティーをご紹介します。

特に夜、僕はこれを飲むと緊張がほぐれてリラックスでき、よく眠れるようになりました。

セレッシャルシーズニングのシナモンアップルスパイス

そのハーブティーとは、セレッシャルシーズニング社の「シナモンアップルスパイス」です。

セレッシャルシーズニングについて

セレッシャルシーズニング社(CELESTIAL SEASONINGS,INC)は、1969年にコロラド州ボルダーで創業した、ハーブティー、ブレンドティーの製造販売を行っている企業です。3人の創業者がいるそうですが、ビジネスのスタートは、ボルダー周辺の山の麓で集めたハーブや花などを自然食品を扱う店に売ることだったそうです。

ちなみに、「ボルダー」と聞いて、どこかで聞き覚えが?と感じた方も少なくないと思いますが、コロラド州のボルダーは表高約1600メートルに位置しており、陸上選手が高地トレーニングを行う場所としても有名です。

コロラド州ボルダー
コロラド州ボルダーはロッキー山脈の麓にある人口10万人の小さな都市で、豊かな自然と美しい景色に囲まれています。ボルダーは温室効果ガスの排出量削減に積極的に取り組むエコロジーな都市であり、住民の健康意識が全米屈指の高さであることでも知られています。またコロラド大学ボルダー校を擁するため学生が多く、学術文化への関わりが高い都市でもあります。

シナモンアップルスパイスとは

ちょっと前置きが長くなりましたが、シナモンアップルスパイスの味や飲んだ感想、成分などをご紹介します。

シナモンアップルスパイスの味・感想

まず香りですが、これはシナモンが強いです。というか、ほぼシナモンの香りしか感じません。ですが、良く嗅いでみるとキャラメルのような甘い匂いがします。

熱いお湯を注いだときにはシナモンの香りがムワッと立ち上るのでわかりにくいですが、飲み終わった後のカップを香りを嗅いでみると甘〜い香りがよくわかります。

そして味ですが、甘味料は含まれていないのに甘いです。これはシナモンに由来する甘みです。本当に甘みを感じます。シナモンてすごいですね。

全体的にはやはりシナモンフレイバーが強いのですが、熟したりんごを思わせるような甘酸っぱさもあり、そして口の中に広がるキャラメルのような甘い余韻があり、淹れたての熱々を吹き冷ましながら口に含むと「あ〜幸せだな〜」という気持ちになります。

シナモンアップルスパイスの成分

パッケージに記載されている成分表示より、主なものをご紹介します。

こうしてみると、体に良さそうなものばかりですね。

主な成分 説明
CINNAMON シナモン。熱帯各地で幅広く栽培される香辛料で「スパイスの王様」とも呼ばれる。体を温める効果があるとされ、古くから生薬としても使われる。
HIBISCUS ローゼル。クエン酸、ビタミンC、ペクチンなどが豊富で風邪など薬としても用いられ、「洛神花」という生薬としても使われる。(注1)
CHAMOMILE カモミール。和名カミツレ、キク科の一年草。整腸・消炎効果のある生薬として知られるほか、スキンケア効果のある入浴剤としても使われる。
ROASTED CHICORY チコリーはキク科の多年生野菜。和名「キクニガナ」からわかるように葉や根には独特の強い苦味がある。乾燥させた根を炒るとコーヒーの香りを放つため香り付けに利用されるほか、抗炎症・抗菌作用、血糖値低下など様々な効果が指摘されている。
ORANGE PEEL オレンジピール。オレンジの果皮を乾燥させたもの、柑橘類特有の香りがあるリモネンのほか、ポリフェノールが含まれている。
ROASTED CAROB キャロブ。イナゴマメの果肉を乾燥させ粉末状にして食用となる。血糖値や肝機能の改善効果があるほか、コーヒーやココアの代用品としても用いられる。また甘みがあり、チョコレートに似た風味があるため、キャロブを原料としたチョコレートのようなスイーツも作られる。

(注1)ハーブとして用いられるハイビスカスはいわゆる「ハイビスカスの花」で想起されるあの植物ではなくでなく、近似種であるローゼルのこと、赤く酸味のあるハイビスカスティーもローゼルが原料です。

実感している効果

個人的な感想ですが、シナモンアップルスパイスを飲むことで得られる効果は、

  • リラックスできる
  • 体があたたまる
  • よく眠れる

という3つです。

実感しているそれぞれの効果は独立しているわけではなくて、「リラックスできる+体があたたまる=よく眠れる」ということかなと思います。

こんなふうに飲んでいます

実は最近、良い睡眠のため仕事の日はビールを飲んでおらず、また夕食をごく軽く済ませることが増えています。なので、もっぱらシナモンアップルスパイスを帰宅後の夜に飲むことが多いです。

シナモンアップルスパイスの袋を開けるとたちまちシナモンの香りが立ち上り、沸かしたお湯で入れたお茶を口に含むと糖分は入っていないのに甘みとシナモンの香りが鼻腔いっぱいに広がり、心底ホッとします。

シナモンアップルティーを飲みながらクラシック音楽を聞きつつ本を読むと、仕事が忙しくて心身が疲れているときでもリラックスできます。

購入したきっかけ

購入したきっかけは、紅茶でもコーヒーでもないものが飲みたかったからです。

近所のスーパーのお茶売り場で色々探していたところ、鮮やかなパッケージに目が止まり、なんとなく美味しそうでしかもカフェインフリーだったので買ってみたところ大正解でした。

こんな人におすすめ

  • カフェインレスのお茶を探している人
  • リラックスしたい人
  • よく眠りたい人

これを飲めば気持ちが満たされるので、しっかりした食事を取らなくても、大好きなビールを飲まなくても眠ることができます。

こんな人にはおすすめしない

  • シナモンが苦手な人

実はうちの奥さんはシナモンが苦手なので、僕がどんなに勧めても飲みません。

ちなみに、僕はパクチーは食べられるけど好きではありません。でもシナモンは大好きです。小さい頃はニッキ飴が大好きでしたし、シナモンロールとかも大好きです。シナモンロールはコーヒーと相性抜群ですよね。

まとめ

まだまだ寒いのでまだしばらくお世話になる予定ですが、ストレスで心身が弱っているとき、このシナモンアップルスパイスには本当に助けられました。

近所のスーパーで買うのが一番安いけど、スーパーに在庫がなくなってしまったらアマゾンかiHerbで売っているのでそっちで買おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です