アレッポの石鹸で頭を剃るときの注意点【目にしみないように剃る方法】

アレッポの石鹸とメルクールの両刃カミソリ

最近はアレッポの石鹸で体中を洗い、ひげや頭を剃るのにも使っています。オリーブとローレルの石鹸レビュー【アレッポの石鹸】

使い心地はよく、ほぼ満足なのですが、頭を剃るときに顔にたれてきやすく、目に入って痛い思いをするのにはちょっと困っていました。

しかし少し工夫することで、アレッポの石鹸でも目にしみないように頭を剃ることができます。

アレッポの石鹸は目にしみる

アレッポの石鹸は弱アルカリ性なので、目に入るとしみます。

MEMO
人体や皮脂は弱酸性なので、弱アルカリ性の石鹸で洗うときれいになります。ちなみに「目にしみない」ボディーソープや洗顔料は人体と同じ弱酸性です。

アレッポの石鹸はシェービングクリームのように「粘り」がないため、頭からたれて目に入りやすく、油断していると「イテテテ」となります。

目に入るとかなり痛いです

ではどうすればいいのか?

少しずつ剃ればOK

解決策としては、頭全体を一気に剃ろうとしないで、少しずつ石鹸を塗りながら剃るようにすればOKです。

頭をいくつかのパートに分けてシェービングすることで、塗った石鹸がたれてくる前に剃ることができます。

参考までに、僕のやり方を説明すると、、

  1. 石鹸を泡立てる
  2. 左耳〜こめかみ辺りに石鹸を塗る
  3. すかさず塗った部分を前から後ろに向かって剃る
  4. 左のこめかみ〜頭頂部辺りに石鹸を塗る
  5. またすかさず塗った部分を前から後ろに剃る
  6. これを繰り返して全体を剃る

このように、頭全体をいくつかのパートに分けて剃っていきます。

こうすると、石鹸を塗ってからカミソリで剃るまでの時間が限りなくゼロになり、目の方にたれてくることがなくなるのです。

左手で石鹸を塗ったそばから、右手のカミソリで剃り上げていくイメージです。

注意
素早くやるのがポイントですが、あせってしまうと今度はカミソリで頭を切ってしまうので、急ぎつつも丁寧にやるのが重要です。

この方法にしてからは目にしみない

実際にこの方法で頭を剃るようにしてからは、石鹸が目にしみることはなくなりました。

泡立てた石鹸を頭全体に塗ってしまうと、どうしても剃っている間に汗や湯気で石鹸が流されてしまい、結果的に目に入って痛い思いをします。

ならばちょっとずつ塗ってすぐに剃ればいいのでは?と思いつき、やってみたらうまくいきました。

ちょっとした工夫ですけど、なんでもやってみるものですね。

スキンヘッド仲間の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です