薄毛で悩む人へのアドバイス、薄毛歴20年の僕が本質を語る

この記事にたどり着いたあなたは、次のような悩みを抱えていますね?

  • なんか薄毛になってきてる気が、、大丈夫かな?
  • 髪の毛が薄くなって見えるけど、気のせいだよね、、
  • これって薄毛?でもまだ若いし、そのうち回復するだろう

こういった薄毛の悩みを解決するための考え方は一つです。

この記事では、

20代後半から薄毛になり、色々な試行錯誤や葛藤を経て40代の始めにスキンヘッドにし、薄毛の悩みから解放された僕が、薄毛になったらどう行動すべきかを解説します。

髪の毛への執着を断ち切った今だからこそ、わかることがあります。

結論:やるかやらないか

結論として、薄毛の悩みの解決方法は「やる」か「やらない」か、二者択一です。

具体的には、、

  1. 薄毛を治したい=全力で薄毛対策・治療
  2. 薄毛と共存したい=坊主・スキンヘッドにする

というどちらかしかありません。

以下で詳しく解説します。

1.薄毛を治したい場合

薄毛を治したい場合、

可能な限りの時間とお金を投入して、今すぐ薄毛克服に取り組むべきです。

ありったけのリソースを全部投入して、

  • 生活の見直し
  • 医療機関での治療
  • 医薬品の服用

など、

対策は色々ありますが、できることを片っ端から試すべきです。

そしてその際に超重要なのが、

  • 若いほど効果あり=すぐに動くべし
  • 傷の浅いうちに対応=すぐに動くべし
  • 相乗効果を狙う=できることは全部やる

ということです。

若いほど効果あり

当たり前のことですが、年齢が若いほど身体は元気です。

若いほど新陳代謝が活発で、髪の毛や肌が新しくなるサイクルが早いので、薄毛対策・治療の効果も現れやすいです。

傷の浅いうちに対応

薄毛も病気や虫歯などと同じで、症状が現れてすぐに対処するほうが、回復の見込みが大きくなります。

言い逃れできないくらい薄毛になってから、通常レベルに戻すのは、はっきり言って至難の業です。

相乗効果を狙う

そして、それぞれの対策・治療を単独でやるよりも、可能な限り組み合わせて取り組むべきです。

例えば、、

「まずプロペシアを飲んでみて、ダメだったらリアップに切り替えよう、、」

上記のような考え方よりも、

「プロペシアを飲みつつ、リアップも使おう。それから生活習慣を見直そう。」

こちらの考え方のほうが、確実に効果が上がります。

時は「髪」なり

時間を無駄にすべきでない、という意味のことわざで「時は金なり」といいますが、薄毛に関しては「時は髪なり」と言い換えられます。

年齢が若ければ若いほど、薄毛への対応が早ければ早いほど、薄毛克服の可能性が高くなります。

この記事を読んでくれている、薄毛に悩むあなた。

本気で薄毛を克服したいなら、絶対に今すぐに行動を起こすべきです。

2.薄毛と共存したい場合

「薄毛と共存する」というのは、

  • 薄毛は仕方のないこととして受け入れる
  • その上で、できるだけいい感じにする

ということです。

結論として、この場合は可能な限り早く、坊主かスキンヘッドにしましょう。

なぜならば、、、

髪が長いと薄毛が目立ちます。

長ければ長いほど、薄毛は目立ちます。ギャップが薄毛を際立たせるのです。

 

、、、ちょっと残酷なようですが、

髪型で薄毛をカバーできていると思うのは本人だけです。

とても大切なことなので、もう一度言います。

髪型で薄毛をカバーできていると思うのは本人だけなんです。

 

認めたくない事実ですが、これが現実です。

薄毛でも良いから、良い感じにしたい場合、とにかく短髪にすべきです。

未練のある薄毛はNG

未練のある薄毛で良い感じにするのは、かなり難易度が高いです。

というか、多分ほとんどの人には不可能です。

ある意味プロ野球選手になるよりも、難しいと思います。

しかし短髪に、坊主頭やスキンヘッドにすることで、「薄毛でもいい感じにする」難易度がグググッと下がります。

確かに、普通の髪型から坊主頭やスキンヘッドにするのは勇気がいります。

更に、坊主頭やスキンヘッドすることで、

  • 薄毛に負けた
  • 薄毛であることを受け入れた

こういった自分を認めるようで、心のなかに抵抗が生まれます。僕自身も、そういった葛藤を抱えていたので、その気持はよくわかります。

一歩踏み出すと楽になる

しかし、そういった抵抗や葛藤、言い換えれば「プライド」と言えるかもしれませんが、、そんなものはさっさと捨ててしまいましょう。

髪の毛を短く、坊主頭やスキンヘッドにすると、それまでが嘘のように気持ちが楽になります。

結局の所、薄毛の悩みに限らず、我々を苦しめるのは、「執着」なのです。

戸惑うのが当然

とはいうものの、、

このように考えられるのは、僕がもう今はスキンヘッドで、薄毛の悩みを通り越しているからです。

例えば20代で、職場の同僚や友達にもまだ全然薄毛の人がいない、つまり薄毛の危機がリアルに感じられない状況で、

「自分、薄毛になってきてるかも、、」

と現実を直視することはかなり難しいと思います。

「受け入れがたい現実」というやつですね。

人間は受け入れることができない事態に直面すると、認知を歪めて自分自身の心を守ろうとします。

その時の心の動きは、

  • 自分はまだ若い
  • 周りにも薄毛がいない
  • 薄毛になったら困る
  • したがって、「自分はまだ薄毛になっていない。」

以上のようになるわけです。現実の方を捻じ曲げて解釈するわけですね。

かつての僕もそうでしたので、その気持は本当に痛いほどわかります。

しかし、行動しなくては改善しない

薄毛を認められず、行動できない気持ちは痛いほどよくわかります。

しかし、心を鬼にしてあえていいます。

行動しなくて、決して薄毛の悩みは改善しません。

髪の毛の悩みを解決したいなら、今すぐ行動すべきです。

具体的には、下記いずれかのアクションを起こすべきです。

  • 薄毛を治したい=全力で治療・対策に取り組む
  • 薄毛と共存したい=坊主・スキンヘッドにする

時間は薄毛の悩みを解決してくれません。

行動できないと問題解決が先延ばしになり、それだけ悩む期間が長くなります。

この記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

そして薄毛の悩みを解決するため、今すぐ行動を起こしましょう。


ーちょっと広告ー

無料だったら、体験してみるのはありじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です