東海道を歩く〜その2〜品川宿から川崎宿

前回、日本橋から品川宿まで歩いてから約1ヶ月、少し涼しくなって来たのでまた歩いてきました。

結果的に今回は品川宿から川崎宿を経由して神奈川宿まで歩けたので、この記事はその前半部分である品川宿から川崎宿までのレポートになります。

前回のおさらい

前回は、日本橋から品川宿まで、お盆直前の猛暑日に歩きました。

その時の様子はこちらの記事をご覧ください。東海道を歩く〜その1〜日本橋から品川宿

増上寺や泉岳寺などの見どころが多く、楽しい道中ではありましたが、、、なにせ暑くて体力的にはかなりキツかったです。

一緒についてきてもらった妻には過酷な経験をさせてしまい、悪いことをしました。

という経緯もあり、今回は自分ひとりでの寂しくも気楽な小旅行となりました。

事前準備

前回一度歩いていることもあり、「まあなんとかなるだろう」と事前準備はほぼゼロです。

当日の朝、家を出る前にグーグルマップでさらっと確認はしましたが、要するに第一京浜に沿って歩けばOKだろうと。

あとはちょこちょこスマホで確認しながら歩けば大丈夫でしょう。基本的にそんな難しい道ではないですからね。

持ち物

今回はこんな感じの荷物をバックパックに詰めていきました。

今回の持ち物
着替え・タオル・上着・折りたたみ傘・キャップ・サングラス・財布・薬・スマホの充電コード・エコバッグ

前回と違って一人なので、バックパックは使わずフリップベルトにおさまる分だけで行こうかとも考えたのですが、やっぱり少し不安なので着替えや折りたたみ傘を持って、バックパックを背負っていきました。

それから、当日はくもり空で「肌寒いかな」とも思い、秋冬のランニング時に羽織っている上着も持っていきました。

服装

今回は「走れるところは走ろう」と考えていたのでランニングするときの格好です。

  • ランニングウェア上下(ユニクロのエアリズム)
  • アンダータイツ(ユニクロのエアリズム)
  • ランニングシューズ

このアンダータイツが正解でした。

電車で移動するときも、全くの半袖半ズボンよりは恥ずかしくないですし、アンダータイツを履いていることで足の疲れも軽かったように思います。

道中の様子

京急立会川駅の近くで腹ごしらえ

自宅から前回のゴール地点だった京急立会川駅まで電車で移動。

着いたのが11時を過ぎ、少し小腹が空いていたので改札を出てすぐのローソンでちょっと早めの昼食を買い、すぐそばの公園で腹ごしらえからのスタート。

公園にある龍馬像もマスクをしていました。前回は消耗が激しくて見る余裕がなかった龍馬像、今回は見ることができて良かった。まずは一つノルマクリアです。坂本龍馬像|しながわ観光協会

浜川橋〜美原通り

前回は東海道をここ浜川橋まで歩いてきましたので、ここからが本当のスタートです。いざ、川崎宿へ!浜川橋(泪橋)-Wikipedia

食べたばかりなのでゆっくり歩いていくと、程なく右手に現れてきたのが鈴ヶ森刑場跡。

あまり失礼にならないようにそっとお邪魔して、静かに手を合わせます。鈴ヶ森刑場-Wikipedia

鈴ヶ森刑場跡を過ぎると旧東海道は第一京浜に合流します。なんとなくまだ体がかたいので、準備運動も兼ね、大げさに手を前後に振りながらズンズン歩きます。

平和島の辺り。もう少し行くと、また第一京浜と別れた脇道が旧東海道になります。

このガソリンスタンドを越えたところで左の側道に入ります。こちらが旧東海道です。美原通りというらしい。

美原通り〜六郷

美原通りを進んでいくとまもなく右手に見えてくるのは美原不動尊。

両サイドには趣のある町並みが続きます。

この辺りは江戸時代から昭和の中頃までは海苔の養殖が盛んだったそうで、今でも海苔問屋が多いです。

大森警察署の前から北方向を写した写真です。ここでまた第一京浜と合流します。

さっき食べたものも落ち着き、体も暖まってきたので、この辺りからゆっくり走ってみます。

京急の駅でいうと、大森、梅屋敷、京急蒲田、雑色を越えた辺りで、、

気がつけば六郷の辺りに来ていました。

六郷〜川崎

いかにも由緒ありそうな神社を発見。鳥居の前から失礼して撮影させていただく。

源氏絡みの創建だそうで、相当古いですね。六郷神社-Wikipedia

天気はそれほど良くはなかったのですが走るとやはり暑いです。昼を過ぎて少し日が出てきたので、この辺りでサングラスをかけることに。

そうこうしているうちに多摩川にぶち当たり、六郷橋を渡ります。六郷橋-Wikipedia

この辺りには六郷の渡し跡があるらしいのですが、本線からは少し離れているらしいので今回はスルーします。

前回、色々と寄り道しすぎて時間も体力も消費してしまったので、今回は極力寄り道を避けて先へ急ぎます。

平日の昼間ですが、歩いている人もチラホラ。自分と同じく、東海道ウォーク中っぽい人も見かけて、少しうれしくなります。

さあ東京から神奈川に入ります。川を渡ればもう川崎です!

橋を渡り終えたらすぐに斜め右へ、こちらが旧東海道になります。

京急川崎の駅を過ぎた辺りにある案内板。川崎宿-Wikipedia

地図で見るとちょうどこの辺りに到着。

とりあえず川崎宿に着いたということで、品川宿〜川崎宿はクリアです!

記録

ガーミンのマップログです。

距離 8.34km
時間 1時間16分

途中走ったのはおそらく2~3kmじゃないかと思います。上の時間はガーミンが移動中だけ計測した時間ですので、実際の所要時間はもう少しかかっていて、1時間半くらいじゃないかと思います。

神奈川宿へ

川崎宿に着いたのが午後1時前でした。

疲れもあまり感じませんし、思ったよりも早く着いたのでこのまま神奈川宿を目指します。東海道を歩く〜その3〜川崎宿から神奈川宿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です