TRIGGER POINTのグリッドフォームローラーはランナー膝予防におすすめ

ランナー膝の予防のためにTRIGGER POINTのグリッドフォームローラーを購入し、グリグリしています。

膝の状態も徐々に良くなっていますし、どうやら腰痛予防にも効果がありそうです。買って良かったの巻。

スペック

サイズ・重さ・素材

サイズ・重さは以下の通り、

直径 14cm
長さ 33cm
重さ 604g

 

開封して最初の印象は「でかい」そして「ゴツい」でした。

勝手な思い込みで、もっと小さくて簡単なものをイメージしていましたが、それはいい意味で裏切られました。

製品の素材感もしっかりしたものが使われている感じがします。

表面のクッションも、硬すぎず、柔らかすぎず、力を加えるとゆっくり沈み込むような、「良いクッション使ってるなー」という感触です。

形状に意味がある

一見すると不規則ローラー表面の形状にも意味があり。

平らな部分は手のひら、チューブ状の部分は指、そして細かく区切られている部分は指先を模しています。

手のひら

指先

これによって、セラピストにマッサージを受けている感覚を再現しようとしているのだそう。

 

、、、正直、僕にはそこまで感触の違いはわからないのですが、、、

そういわれると「なるほどね〜」と感心してしまいます

感想

ということで、実際使ってみた感想など、

結構痛い

結構痛いです。

購入の際に参考にした動画でも「結構痛いんですけど、我慢してやりましょう」と言っていたので、痛いんだろうなとは思っていましたが、、、

思ってたより痛いです。

僕の場合、走ると膝が痛くなる「ランナー膝(腸脛靭帯炎)」の予防のために購入したので、太ももの側面を体重をかけてグリグリするのですが、これが痛いです。マジで痛い。

だからそんなに我慢できず、いつも弱めのグリグリで終わってしまいます。

でも気持ちいい

太ももは痛いのですが、、

その他の体の部分で、やると気持ちいいところもあります。

イタ気持ちイイってやつですね

 

まずお尻。

お尻の両サイドの上の方、筋肉のついているあたりをぐりぐりするのは気持ちいいです。

仕事が忙しかったりで疲労が溜まってくると、そのあたりのスジ沿いに腰が痛くなるので、腰痛の予防にもなるかなと思い、やってみたらハマりました。

 

それから、背中。肩甲骨のあたりですね。

仰向けにローラーに寝転ぶようにしてグリグリします。こちらは痛くはないですが、背中の筋肉がほぐれるのがよくわかります。

自分で背中をマッサージするのはかなり難易度が高いと思うのですが、このローラーなら簡単にできるので、背中がこる人にはすごく良いんじゃないでしょうか。

手軽

横になれるスペースがあればできるので手軽です。

動画などではヨガマット的なものを敷いてやっていますが、マットなしでも問題ありません。

僕はカーペットやフローリングの床など、そのつど空いている場所でやっています。

 

使わないときは立てておけば邪魔にはなりません。

デザイン的にも悪くない(むしろ良い)ので、部屋に出しておいてもイヤな感じがなく、インテリア的にもOKです。

効果はあると思う

個人差があると思うので、あくまでも僕の感想ですが、、

効果はあると思います。

 

実際に、このグリッドフォームローラーを使いはじめてから、まだ1ヶ月ほどですが、膝の具合は徐々に良くなっています。

当初は5㎞で痛くなっていましたが、今では10㎞走って大丈夫です。

もちろん、このローラーだけのおかげではないとは思いますが、でもローラーの効果も確実にあると思っています。

まとめ

膝のために購入したこのローラーですが、あちこちグリグリしているのがどうも腰にも良いようで、ここしばらく腰痛が出ません。

太ももや、お尻や、背中などをほぐしているのが、おそらく腰痛の予防にもなっているのだと思います。

 

なにしろ簡単・手軽なので、風呂上がりのちょっとした時間でも自分でグリグリできるのがとても良い。

手軽だから続けられるんですよね

 

「最近体があちこちこってて辛い、、、」という人は試してみると良いかもしれません。

 

一つアドバイス。

安価な類似品も出回っていますが、それほど価格も変わらないので、本物を購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です