ぶどうを種から育てる育成記録〜その30

気まぐれな思いつきで始めたこの企画がもう30回目の更新です。

芽を出し育ってくれたぶどうと、記事を読んでくれているあなたに感謝込めて送ります。

ぶどうの苗を植え替える

さて前回の投稿ぶどうを種から育てる育成記録〜その29で宣言したとおり、今回はいよいよぶどうの苗を植え替えます。

プランターと園芸用土を購入

今日は休日、朝早くから近所のスーパーに行って、植え替え用のプランターと園芸用土を買ってきました。

大きさと値段がちょうど良さそうだったのでこれにしました。

「菊鉢」と書いてあるので菊用のプランターだと思いますが、ぶどうに使っていけないって誰が決めた?(本田圭佑風)

冗談はさておき、同じものをすでにもみじで使っているので問題ありません。というか、プランターなんて別になんでも大丈夫だと思います。

プランターの他には20リットル入の園芸用土と鉢底の石を購入。

古いプランターから引き抜く

まずは古いプランターから引き抜きます。

このフェルトのプランターに植え替えをしたのが2020年の1月頭でしたので、1年と2ヶ月の間、頑張ってくれました。(フェルトのプランターに植え替えたときの様子はこちら→ぶどうを種から育てる育成記録〜その7

フェルトのプランターは軽くて丈夫、取っ手がついているから移動するときも楽でオススメですよ

1年2ヶ月の間に伸びた根っこがフェルトの底を貫通し、裏側にまで達していました。

後片付けが面倒なので、ビニール袋の上で根っこを引き抜きます。

抜けました。

見たところ余計な細かい根っこもそんなになさそうなので、少しだけ毛先を揃える程度カットして、新しいプランター(菊鉢)に植え付けます。

新しいプランターに植える

新しいプランターは底のスリット(排水穴)が割と細かいので、ネットを使わずに直接鉢底の石を置いてしまいます。

鉢底の石を置いたら園芸用土をある程度まで盛り、さっき引き抜いたぶどうの苗をセットしつつ、いい感じにスコップで土を注ぎ込んでいきます。

ということで、はい、植え付けました。

植え付けている時は必死過ぎて、過程の画像を取り忘れました。

とりあえず、1つ完了です。

もう一つは後半で

ぶどうの苗はもう一つありまして、そちらのほうが育っているので作業は大変そうです。

だから後回しにしてました

その様子は次の記事でご紹介します。

次の記事はこちらぶどうを種から育てる育成記録〜その31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です