ぶどうを種から育てる育成記録〜その7

ぶどうの種を植えてから10ヶ月、芽が出てから8ヶ月が過ぎました。

前回の記事はこちら。ぶどうを種から育てる育成記録〜その6

さて、年が明け、さすがに葉っぱもすべて落ちましたので、

今回は植え替えをしました。

 

植え替えに使用したのはこちらのフェルトのプランター(1ガロン)と、

果樹用の土と鉢底石です。

全てAmazonで買いました。

重いものやかさばるものも、家まで持ってきてくれるのでとても助かります。

 

まず、植え替え前のぶどうの苗の根っこがどうなっているかというと、

プランターにびっしりと根を張り巡らせていました。

これをほぐすと、

こんな感じです。

これを、主要な根っこを残し、細かい根っこは適当に切りそろえて植え替えます。

今回はじめて使用するフェルトのプランターに、まずは鉢底石を敷き。

土を入れ、適当に植え付けます。

たっぷりを水をやって、終了です。

簡単でした。

どんなものかなと思っていたフェルトのプランターですが、思っていたよりもしっかりしています。

これからどうなるかは要経過観察ですが、まずはOKじゃないでしょうか。

 

とりあえず、軽いので植替えの作業はしやすかったです。

今後、育成していく中で気がつくこともあると思うので、随時レビューしたいと思っています。

【追記】次の記事を更新しました。よかったら読んでください。ぶどうを種から育てる育成記録〜その8

最後に、今回植え替えのために購入したもののリンクを張っておきます。

プランターも土も鉢底石もまだ残っているので、他の鉢植えにも使えそうです。

2 COMMENTS

おっと合点承知の介

大変、参考になりました。
私も種から育てたのですが、半年で芽が出ました。
ですが、本当のぶどうか雑草かわかりません。
このブログを見てブドウではないかと
思うようになりました。今は大事に毎日水やりを
しています。
追伸、30粒ほど種を植えて2本ほど芽が出ました。

返信する
admin

おっと合点承知の介さん

コメントありがとうございます。
参考にして頂けて、とても嬉しいです。

種を蒔いてから芽が出るまで時間がかかるので、
僕も半分以上諦めていました。
だからやっと芽が出たときはとても嬉しかったのを覚えています。

お互い大きく育つように頑張りましょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です