カバレッジの問題、ソフト404エラーが検出されたときの対処法

カバレッジの問題、ソフト404エラーが検出されたときの対処方法についてまとめました。

Googleからカバレッジに問題があるとメールが

Google Search Consoleからこのブログのカバレッジについてエラーがあるとメールが来ました。

メールの内容はこう、

Search Console により、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が 1 件検出されました。

主なエラー

エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

送信された URL はソフト 404 エラーのようです

ということでURLに問題のある記事があるようです。

早速メールに付いている【カバレッジの問題を解決する】ボタンをクリックしてSearch Consoleに移動してみると、、、

なるほど、つまり

  • https://knewmon.com/pilot-cocoon-review/のページが
  • ソフト404エラーになっている

ということですね。

このページは万年筆のレビューページで記事を書いたのはだいぶ前。それから記事を更新したりしてないはずなんだけどなあ、、、と思いつつ、そのページに問題があるのかどうか確かめてみました。

アドレスバーにURLを入力してリターンキーを押してみると、、、

問題なくページが表示されました。

記事中に張ってあるリンクも確認しましたが問題なく目的のページに移動します。

おかしい、どういうことなのか?

ソフト404エラーの解消法

ソフト404エラーとは?

そもそも「ソフト404エラー」とは何なのか?

Google Search Consoleヘルプによると下記の通り。

ソフト 404 エラーとは

ソフト 404 エラーとは、URL にアクセスしたときに、ページが存在しないことをユーザーに伝えるページを表示し、200 レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。コンテンツがほとんどまたはまったくないページ – たとえば、まばらに表示されるページや空のページなどがあります。

ちょっと日本語がわかりにくいので言い換えると、要するに、

そのURLに実際にはコンテンツが存在しないのに、存在している事になっている

ということです。

エラー報告が間違っている可能性も

でも、エラーがあるよと言われているページにはコンテンツは存在しています。なにかの間違いでは?と思いつつもヘルプページをよく読んでみると気になる情報が、、

ページが誤ってソフト 404 として報告されていると思われる場合は、URL 検査ツールを使用してレンダリングされたコンテンツと返された HTTP コードを調べてください。レンダリングされたページが空白になるか、ほとんど空白になる場合は、読み込むことができないリソース(画像、スクリプト、テキスト以外のその他の要素)を多く参照している可能性があります。このような状態は、ソフト 404 と解釈されます。リソースを読み込めない理由としては、リソースが robots.txt によってブロックされている、ページ上のリソースが多すぎる、または読み込みが非常に遅い、リソースが大きすぎるなどが考えられます。URL 検査ツールを使用することで、そうした読み込めないリソースを一覧表示したり、レンダリングされたライブページを確認したりできます。

誤ってソフト404と報告されている場合も考えられるわけですね。

さっそくURL検査してみると、

この通り、正常にGoogleに認識されているようです。とりあえず一安心。

問題の修正をGoogleに報告して検証の結果待ちとなりました。

画像サイズが大きすぎたことが原因

しかし、上記のSearch Consoleヘルプによる説明の中で、、

  • 読み込むことができないリソースを多く参照している可能性がある
  • このような状態は、ソフト 404 と解釈される
  • リソースを読み込めない理由として、読み込みが非常に遅い、ソースが大きすぎるなどが考えられる

ここの部分がちょっと気になります。

もしやと思い、エラーの報告のあったページの画像を確認してみると、、、記事中の画像サイズが非常に大きい!どうやらこれがソフト404エラーが検出された原因だったようです。

つまり、このページをGoogleのクローラーが巡回したときに、実際にはコンテンツが存在しているけど画像サイズが大きくて読み込みに時間がかかり、その結果「コンテンツが存在しない」と認識されてしまった。ということだと思います。

ということで、エラーが検出された記事中の画像を小さくリサイズしてGoogleの検証を待つことに。

問題修正の検証には時間がかかるらしい

Googleに問題を修正したと報告したところ、まもなくこのようなメールが届きました。

弊社では、貴サイトの「カバレッジ」に関する問題の修正について検証を開始いたしました。具体的には、1 ページに現在影響を及ぼしている「送信された URL はソフト 404 エラーのようです」について確認しております。

検証には数日かかることがございます。処理が完了し次第お知らせいたします。以下のリンクにアクセスして、テストの進捗状況をご確認いただくこともできます。

問題が修正されてるかどうかの検証には数日かかることもある、ということなのでおとなしくGoogleからの連絡を待ちたいと思います。

6日後に無事修正確認のメール

サイトの修正をしてから6日後、Googleから問題が修正されたというメールが届きました。修正した内容は間違っていなかったようで、良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です