横浜中華街食歩記:「萬和樓」台湾家庭料理&ベジタリアン料理とフレンドリーなおじさん

月曜日の中華街、昼前の大通りの人通りはややまばら。

前回の「品珍閣」が非常に残念な結果に終わってしまったので今回は絶対に外したくない、ということで以前からマークしていたお店に行ってきました。

前回の残念ランチはこちら横浜中華街食歩記:「品珍閣」すべてが雑な残念ランチ

関帝廟の直ぐ側にある台湾家庭料理の店「萬和樓」

今回お邪魔したのは台湾家庭料理の「萬和樓」、なかなかパンチのきいた店構えです。

横浜中華街の萬和樓の外観

場所は関帝廟の直ぐ側にあります。

横浜中華街の萬和樓は関帝廟の直ぐ側にある

お昼の少し前に到着。

先客がいるかなと店内をのぞこうしたら、中からフレンドリーなおじさんが出てきて促されるようにして入店。

店内の様子

女性一人のお客さんがすでに食事をしていた。美味しそうな麺を食べている。

入ってすぐの窓際の席に着席。

横浜中華街の萬和樓の店内

お店の作りは、客席は1階のみ、テーブル席が5つほどあるだけなので、収容客数は最大でも20人くらいではないかと、小さなお店です。(調べたところ総席数は28席でした)

奥に長いウナギの寝床型ではないですね。小さな定食屋とか街の中華料理店とか、そんな感じをイメージしてもらえればいいと思います。

内装などは新しくはないけれど、いい感じに古びています。

トイレをお借りしたのですが、電灯の調子が悪かったけど、きれいに掃除されていて嫌な感じはしません。

ベジタリアン料理がある

入店してまず聞かれたのが「ベジタリアン?」ということ。

なんでもこの萬和樓は台湾の家庭料理と「素食」というベジタリアン料理が売りらしい。「素食」とはお坊さんが食べる精進料理だそう。

これ(下の画像)がベジタリアン料理、肉のように見えるのは全て大豆で作っているそうです。すごい。美味しそう。もちろん本物の肉を使った料理もあります。

ベジタリアン料理の写真

お店のことや料理のことをフレンドリーなおじさんがこちらが聞く前に色々と教えてくれる。でも全然嫌な感じではない。

これは当たりの予感!期待が高まります。

「麻醤麺とワンタンスープのランチ 950円」を注文

メニューを見てもあまり見たことのない料理が多い。なんでもこの萬和樓は日本風にアレンジしていない台湾家庭料理を出すことで評判らしく(おじさん談)ますます期待が高まります。

萬和樓のメニュー
右下のが「麻醤麺とワンタンスープ」

先客の女性が食べていたのは「牛肉の入った麺」、それも美味しそうだけど今回は初来店ということもあり、おじさんおすすめの「麻醤麺とワンタンスープのランチ」を注文しました。

麻醤麺とは汁なしでゴマダレのまぜそばらしい、「おいしいよー」とおじさん。

麻醤麺もワンタンスープも美味い!

待つこと5分ほどで麻醤麺とワンタンスープが登場!

麻醤麺とワンタンスープのランチ

麻醤麺はもやしと小松菜とフライドガーリックのトッピング

萬和樓の人気メニューの1つ麻醤麺

麻醤麺の方はもやしと小松菜とフライドガーリックがトッピングされています。

これを下の方にあるゴマダレと麺と絡めて食べるのですが、美味いです。

まずゴマダレが濃厚で味がいい、ごまの香ばしさが食欲をそそります。

それから麺もコシがあって濃厚なゴマダレによく合います。少し平たくて、日本の手振りうどんみたいな感じです。手振りうどんよりもコシがあってもちもちしています。実に美味い。

そしてもやしと小松菜のトッピングも良い、軽く茹でてありシャキシャキ感が残ったもやしと小松菜は濃厚なゴマダレにとても良く合います。

フライドガーリックも良くきいていて、肉が入っていないのに十分満足できる一皿です。

ワンタンスープは優しい味

萬和樓のワンタンスープ、優しい味

ワンタンスープは薄味の醤油仕立てです。

ワンタンの他の具材は白菜と人参とフライドガーリック、とっても優しい味ですがしっかり美味しいです。

美味しくてヘルシー

どちらも野菜が多く入っていて、とってもヘルシーな印象です。

おじさんも「ごまはお肌がキレイになるよ」と言っていたし、ベジタリアン料理を売りにしているだけあってヘルシーな料理を食べさせてくれるお店なのかもしれない。

タピオカミルクティーを追加注文

とても美味しくてあっという間に食べ終わってしまいました。

美味しい料理で程よく満腹になり、もっとこのお店のことを知りたくなってしまい、食後にタピオカミルクティーを追加で注文しました。

タピオカミルクティーまともに飲むのは多分初めてです。

タピオカミルクティー

それがこちら、チューハイのグラスにたっぷりはいっています。これで360円。

あまりタピオカミルクティーを飲んだことがないので比較のしようがないのですが、甘さ控えめで美味しいです。タピオカは甘さ控えめですが黒糖の風味がして食感はモチモチして美味しい。

料理と同じくやさしい味でした。

飲み終わりそうなところで来客が相次ぎ、少し混んできたのでお会計してお店を出ました。ランチ950円とタピオカミルクティー360円で合計1,410円(税込み)、考えていたよりも高額になってしまったけど美味しかったのでOK。

「お兄ちゃん、また来てね」とおじさん、「うん、美味しかった。また来るよ」と僕、料理も美味しく、お店の雰囲気も良く、とても満足の中華街ランチとなりました。

料理も美味しいし雰囲気もいい素敵なお店

まず料理が美味しい。

おじさんの言う通り、本場台湾の家庭料理そのままの味なのでしょう。飾り気はないけれど素朴で確かに美味しい料理です。

それから雰囲気がいい。

おじさんが色々と話しかけてくるのでなんとなく客同士の間にもコミニュケーションが生まれてしまう感じがします。僕は知らない人と進んで会話したりするタイプではありませんが、おじさんにつられて先客の女性とそれぞれが食べている料理の話をしました。

そして観光客はまずこない。

初見で入るには少し勇気がいるお店かも、僕がお店にいる間に来店したお客さんは全て観光客ではありませんでした。キラキラはしてないけど、静かにしっかりと美味しいものを食べることが出来るお店です。

地元の人が通う中華街の美味しいお店に行きたい人には超オススメです。

僕も必ずリピートします。今度は牛肉麺をたべるぞ!

おまけ:料理のお土産がある

この萬和樓では自家製の点心や腸詰めなどをお土産として売っています。

先客の女性に「これは珍しくて美味しいですよ」と教えてもらったのが、このしじみの醤油漬け。どうやらこれもこのお店の名物らしいですね。

酒のつまみに良さそうですね。機会があったらぜひ食べてみたい。

店舗情報

住所 横浜市中区山下町139(関帝廟右側)
営業時間 11:00〜21:00(日曜営業)
総席数 28席
カード 不可
電話 045-663-3113

地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です