ぶどうを種から育てる育成記録〜その41

前回の投稿ぶどうを種から育てる育成記録〜その40から約1ヶ月と少し。

このところ暖かくなり、気がついたら芽吹いていました。嬉しいです。やはりこの新芽が見られる季節は格別の喜びがありますね。

現在の様子

まずは現在の様子から。

この画像ではわかりにくいかかもしれないので、もう少し近寄ってみましょう。

おわかりでしょうか?

小さな葉が開いており、その他いくつも膨らんでいる新芽があります。

前回更新時との比較

前回更新時(2022年3月初旬)と比べてみましょう。

大きい方

前回更新時の様子

現在の様子

前回の更新はまだ肌寒い3月でした。

芽吹く予兆は全く感じられず、「ひょっとしたら今年は芽が出ないのでは?」とも思っていましたが、無事に新しい葉が顔を出してくれました。

小さい方

前回更新時の様子

現在の様子

遠目だとまだわかりにくいのですが、小さい方の鉢植えもしっかり芽吹いています。

暖かくなって一気に芽吹いた

前にも同じことを書いてた気がしますが、4月に入って暖かくなったここ一週間ほどで一気に芽吹いた印象です。

3月末〜4月頭あたりはまだ固く縮こまっていて、もうすぐ芽吹きそうな感じは全然なかったのですが、、、、見えないところでちゃんと準備をしていたのですね。

「根本近くでバッサリ切ったほうがいいのかな〜」などと少し思っていたのですが、切らないでいて良かったです。

おまけ

前回の投稿で芽吹きそうと紹介していた豆梨は、もう花が散り、早くも緑が深まろうとし始めています。

こちらの紅葉はここ数年放置気味です。

今年こそはどうにか手をかけて、いい感じになったら良いなと思っています。

追記

続きの記事を書きました。ぶどうを種から育てる育成記録〜その42すごく繁りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。