【DIY】石膏ボードの壁に絵をかける方法

一般的な住宅の室内壁に使用されているのは、ほとんどの場合石膏ボードです。

その石膏ボードの壁に絵をかける方法をわかりやすく説明します。

準備するもの

  • 石膏ボード用のフック
  • メジャー
  • 付箋やマスキングテープ(目印用)

石膏ボード用のフックはこれを用意しました。

作業手順

今回はこの壁に絵をかけたいと思います。

絵の位置決め

まずは壁に絵をあてがって位置を決めます。

位置を決めたらフレームの上の両角のところに目印をつけます。

フックの位置を決める

次にボード用フックを刺す位置を決めていきます。

まず、絵の裏側の壁掛け用の吊り紐をメジャーの先に引っ掛けてひっぱり、絵の上辺まで長さを測ります。

この絵の場合、上辺から9.5cmなので、先程壁につけた目印から9.5cm下にフックを刺してやればちょうどいい位置になるはずです。

次に、壁につけた目印(絵のフレームの上の両角の位置)同士を結んだラインの中央にも目印をつけます。

さらにそこから先程測った「絵のフレームの上辺から吊り紐まで長さ」の分下の位置に目印をつけます。

この最後につけた目印の場所がフックを刺すところです。

フックを刺して絵をかける

あとはもう簡単ですね。

今回使うのはこのフックです。これを、、、

先程最後につけた目印の位置にブスッと刺します。

石膏ボードの壁ならば指で押し込めば奥まで刺さるはずです。

最後にフックに絵をかけて作業完了です。

順を追って作業すれば難しくないと思います。

フックの針で怪我をしないように気をつけて作業して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です