ぶどうを種から育てる育成記録〜その35

前回の投稿ぶどうを種から育てる育成記録〜その34から約2週間がたちました。

緩やかではありますが確実に伸びており、前回増設した柵への誘引にも成功しました。思惑通りです。

「緩やか」だが「着実に」成長している

まずこちらが、大きい方のぶどうの苗の、今の様子です。

久しぶりに、前回投稿時の画像を並べて比べてみようと思います。(割と面倒なのでしばらくやっていませんでした。)

前回の様子

現在の様子

全体的にボリュームアップしていますが、特に中央部分が伸びているのがわかります。

緩やかではあるものの、着実に成長しております。

増設した柵への誘引も成功

ちょっと別角度からの写真になりますが、一番伸びている中央部分です。

この部分は、前回増設した棚への誘引もすでに成功しました。

巻きひげがしっかりと支柱に巻き付いているので、柵に沿って伸びていってくれると思います。

小さい方の苗にも「巻きひげ」が

一方こちらの小さい方のぶどうの苗もしっかり成長しています。

この画像↑は小さい方の苗の先端部分です。

まだ短いですが、巻きひげが出てきているのがわかるでしょうか?

もう少し様子を見て、巻きひげが長くなってきたら、囲うように支柱を立てて行灯仕立てにしようと思っています。

あせらず、ゆっくりでOKです。

おまけ:どんぐりもいい感じ

こちらは次々と発芽しているどんぐりの様子です。

ここに来て非常にいい感じになってきています。もとはタダで拾ってきたどんぐりではありますが、こうして育ってくると非常に嬉しいものです。

しかしこのどんぐりを植えてあるのが素焼きのプランターで、しかも表層部分が赤土という水はけが良い環境なので、これから夏に向けて「水枯れ」に要注意です。

一度どんぐり盆栽を水枯れで駄目にしているので、今度はうまくやりたいです

追記

続きの記事を書きました。「行灯仕立て」に挑戦しています。ぶどうを種から育てる育成記録〜その36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です