アップル純正iPhone用イヤホンがコスパ最強なのでは

散々迷った挙げ句、iPhoneにはやっぱりアップル純正のイヤホンが最適ではないかとの結論に達し、メルカリで購入しました。新品未使用が送料込み700円です。

娘のイヤホンを借りていたが、、

4年位iPhone6を使っているのですが、しばらくまえに付属のイヤホンが壊れてしまい、それからは娘のイヤホンをなんとなく借りていました。

娘は娘で別のイヤホンを使っているので良いのかな〜と思っていたのですが、、実はそうではなく若干迷惑しているらしいことを知り「これはいかん」と自分用のイヤホンを探すことに。

なんと情けない、、、

探し始めてイヤホン沼にハマりかける

ということでイヤホンを探し始めました。

最初は「まあつかえればいいや」的な感じだったものの、いざAmazonで物色し始めると、、、これがやはりあーでもないこーでもないということになるわけです。

こわいですね。

最初は「走るときに軽く音楽が聴ければ何でも良いぜ」と考えていたのに、色々なイヤホンを見ているうちに「デザインが、、、」とか「音質が、、、」とか気にし始めているわけです。

そうすると必然的により高額なイヤホンを見始めちゃうじゃないですか。

本当にこわい。

ようやく候補を絞り込むが

そんなこんなで2日くらいあれこれ探した末に見つけたのがこのプラントロニクスの「BACK BEAT FIT 3100」というイヤホンでした。

「プラントロニクス」って聞き慣れないメーカーだと思いますが(僕も知りませんでした)ヘッドセットの世界的なトップメーカーです。
1969年にニール・アームストロングが人類として始めての月面着陸をしたときに、通信機器として使用されたのは何を隠そう、このプラントロニクスのヘッドセットなのです。
というような背景に感化されたことは否めませんが、その他にもこのイヤホンは防水性に優れ、またフックで耳にかけるので完全ワイヤレスながらランニングなどの運動時の仕様でも外れる心配が殆どありません。
おまけにこのデザインが僕の心をしっかり掴みました。なんかカッコいいじゃないですか!
本体からのリモコン操作で音量調節や通話もできるし完璧!という感じでほとんど発注寸前まで行ったのですが、、、

でも、買わなかった

結局、買いませんでした。

なぜか?

まずは予算の問題。この「BACK BEAT FIT 3100」は最安でも1万4千円くらいします。今月は水道代の支払いもあるので、僕としてはちょっと考えてしまう金額です。

次にワイヤレスであること。コードがないことは確かに魅力的ではあるものの、逆に「Bluetooth接続がうまくいかなくなるのではないか」とか「リモコン操作ができなくなってしまうのではないか」という使い勝手の心配があります。

僕の場合、ランニングのときの暇つぶしに音楽はかなり重要なので、走っている途中で音楽が聞けなくなったり音量調節ができなくなったり片方のイヤホンが繋がらなくなったりするのは困ります。

困るだけじゃなくてイヤホンの不調が気になって走る方にも影響が出てしまうかもしれません。そうなったら本末転倒ですよね。

結局はiPhone純正イヤホンのコスパ

iphone純正イヤホン

ケースに入って届いたイヤホン

そこで有線の安いイヤホンを探してみると色々あることはあるのですが、何故かリモコンで音量調節ができるものが殆どないんですよね。

走っているときの音量調節をスマホ本体でするのはちょっと面倒なのでリモコンで音量調節はしたい。そうするとやっぱりアップルのiPhone用のイヤホンじゃないかなということでメルカリで探してみたら、なんとちょうど安値で出品されたタイミングにピッタリ重なり購入、送料込みで700円です。

音量調整できるリモコン

このリモコン、他ではあるようでない

安い。そのうえ、有線だから接続が途切れる心配はなし。リモコンで音量操作可能。

防水ではないけど軽い雨くらいなら大丈夫だし、仮に壊れてしまっても700円ならあきらめもつくというもの、イヤホンに気を使いながら走ることもありません。

色々考えると、ベストな選択だと思います。

でもやっぱり気になる

でもやっぱり気になります。

プラントロニクスの「BACK BEAT FIT 3100」

色はブラックがカッコいいけどグレーも良い。両方カッコいい。
ワイヤレスの開放感にも興味があるし、、、、来月までこんな感じだったらやっぱり買ってしまうかもしれません。
そのときにはガッチリレビューしますので、読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です