iPhoneが充電できないのはコネクタの掃除で直る、かも

iphone6

iPhoneの充電が出来ない原因はLightningコネクタに詰まっていたホコリでした。

iPhone6が接触不良で充電ができない

僕はiPhone6を使っているのですが、このところ充電がうまく出来なくて苦労していました。

接触不良なようで、ケーブルをコネクタに差し込んでも通電したりしなかったりという状態、一晩充電してもほとんどバッテリー残量が増えない、ということも一度や二度ではありません。

このアイフォンを使い始めてそろそろ4年「そろそろ買い替えどきなのか」と考え始めていたのですが、、、

コネクタに詰まっていたホコリを取り除いて問題解決

ふと「もしかしたらゴミが詰まっているのかも?」と思いつき、爪楊枝でコネクタをほじってみたら、、、

iPhoneのコネクタに詰まっていたホコリ
少しほじったら塊で出た
コネクタには結局こんなにホコリが詰まっていた

なんと驚くほどたくさんのホコリが出てきました。まさかあの小さな穴に、こんなにたくさんのホコリが詰まっていたとは、、、それは接触不良にもなりますね。

そして、ホコリを取り除いたコネクタに充電ケーブルを差し込んでみると、今までの苦労が嘘のように接触良好な状態、しばらく放っておいたら何の問題もなくフルチャージされていました。

使ったのは普通の爪楊枝

普通の爪楊枝を使いました。竹楊枝だとちょっと硬すぎるかも。

ていねいにやさしくほじってみよう

爪楊枝でiPhoneのLightningコネクタの中をやさしくほじってみて下さい。

注意

  • 金属のピンなどは硬いので内部を傷つけてしまうかも
  • 折れた楊枝の先が内部に残ってしまわないように気をつけて
  • とにかく、やさしくていねいにやりましょう。

まだまだ使えそうで良かった

今使っているiPhone6は、さすがにバッテリーの持ちが悪くなってはきたものの、今でも十分使えます。不満があるとすればモバイルSuicaに対応していないことくらいです。

新しく買い換えるならどの機種か?と調べ始めていたので、若干拍子抜け感はありますが、余計な出費をせずに済んで良かったです。それに、いまのiPhone6にも愛着がありますしね。

今回の教訓: 灯台下暗し

デジタル機器とはいえ、意外と単純なところにトラブルの原因があるものですね。勉強になりました。

おまけ:同じ悩みの人がいた

あとからネットで調べてみたら、同じ方法でiPhoneが接触不良で充電できないのを解決した人がいました。こんなことならば、もっと早く調べてみればよかった、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です