一枚刃のT字カミソリで頭を切ってしまった話

調子に乗っていたら痛い目にあいました。

一枚刃のT字カミソリで頭を切ってしまった

先日のこちらの記事

貝印 ひげそり用カミソリ T字ゴールドステンレス 大人の楽しみ

で書いたように、頭を剃るのに貝印の一枚刃のT字カミソリを買いまして、剃り心地がよく、とても満足してスキンヘッドライフと楽しんでいましたが、、

ある日、ちょっと勢いよくスイっと頭を剃っていたら、鈍い痛みとともに頭の薄皮を少し剥がしてしまいました。

怪我の範囲はそれほどでもなかったけど、結構血が出ました。

絆創膏を貼って一週間ほどで治ったものの、その間は頭を剃ることができず、チョビ毛が伸びて若干だらしのない風体になってしまいました。非常に不本意です。

痛い目を見て、あらためて「カミソリは取り扱い注意」と思い知りました。

慣れてきた頃が危ない

これは声を大にして言いたいのですが、慣れてきた頃が危ないです。

僕が頭の皮を剥がしてしまったのも、ちょっと慣れてきた頃です。はじめの頃はおっかなびっくりと行った感じで注意しながら頭を剃っていましたが、数回やるうちに「まあ大丈夫だろう」という風に慢心してしまったのですね。

もう一度、大きな声で言いますが、慢心は絶対に駄目です。

お酒を飲んでいるときは危ない

お恥ずかしい話ですが、、

その頭を怪我したときは酒を飲んだ後でした。

お酒を飲むと感覚が麻痺し、気が大きくなり警戒心が薄れます。刃物などの危険なものを扱うのは控えるべきです。

思い返せば、お酒を飲んで若干いい気分のままで風呂に入り、調子に乗って頭を剃ったら、、、やってしまったのです。

これをみている皆さんも、お酒を飲んだあとに刃物を扱うのは危ないのでぜひ注意してください。

勢いよく剃るのは危険

それから、勢いよく剃るのは危ないです。

僕も怪我をしてしまったときは、つい調子に乗って勢いよく頭を剃ってしまいました。

一枚刃のT字カミソリは、複数の刃がついている安全カミソリとは別物です。

安全カミソリの場合は、横滑りしなければまず頭の皮を剥がしてしまうことはないと思いますが、一枚刃のカミソリの場合はそうではありません。

刃と垂直の方向に剃ったとしても、刃の当たる角度や勢いなどで頭皮を傷つけてしまうこともあります。

常に慎重に、ゆっくりカミソリを操作しましょう。

怪我をしないために心がけるべきこと

一枚刃のT字カミソリをつかう際に気をつけるべきことは、

  • ゆっくり
  • 慎重に
  • 軽く

です。

「ゆっくり」と「慎重に」については上で書いたので割愛しますが、最後の「軽く」も大切です。

カミソリのグリップを軽く持ち、手首が柔軟に動くようにしておくようにしましょう。

そのためには、なるべくカミソリのヘッド近くを親指と中指でつまむように保つことが重要です。

持ち手の端の方をもってしまうと、刃の角度を調整するためにどうしても手首に力が入ってしまい、頭皮の凹凸に対応できなくなってしまいます。

角度があえば、力は必要ありません。

T字カミソリは危険だということを十分頭に入れて、焦らず、慎重に、そして手首を柔らかくして頭や顔を剃ってください。

一枚刃のT字カミソリで頭を剃る時に気をつけるべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です