どんぐりを育ててみようベランダで【どんぐり栽培記録 06】

前回の記事どんぐりを育ててみようベランダで【どんぐり栽培記録 05】から2週間と少し、あまりにも変化がないので、ちょっと「ブチッ」といじってしまいました。

ブチッとする

あまりにも変化が無いので、ちょっと?いじってしまいました。

おわかり頂けるでしょうか?

どんぐりから芽というか茎というか、緑色のが少し伸びていますね。

これはおそらく、地上に顔を出して上に伸びいくべきもののハズなのですが、なぜか根っこと絡まっており、日の目を見ることができませんでした。

なので、指で強引に引っ張ったところ、一部「ブチッ」とちぎれつつも、このように土から顔を出すことができました。

これが良かったのか悪かったのか?それはわかりません。その答え合わせはこれからの成長次第です。

またもう一方のこのどんぐり。

これも地中には根を張っているようです。

しかし、こちらはまだ地上に芽を出す気配はありません。

芽が出ているかも

またこちらの素焼きのプランター。

こちらからも、もしかしたら芽が出ているかもしれません。

下の画像↓をご覧ください。

画像中央辺りに「にゅっ」とチンアナゴのようなものが出ているのがわかるでしょうか?

多分これが「どんぐりの芽」だと思うのですが、もう少し育って見ないとわかりません。

吉と出るか?

極力手を出さないようにしたかったのですが、ついやってしまいました。

これが吉と出るか凶と出るかはこれからの成長次第ですね。

最後になりますが、こちらは春先を彩ってくれた豆梨です。

すっかり花が落ちてしまい、これからは葉が大きくなり、梢を伸ばそうとする季節です。

「切るべきか切らないべきか」と悩ましい時期がやってきます。

追記

続きの記事を書きました。ようやくいくつか芽が出てきました。どんぐりを育ててみようベランダで【どんぐり栽培記録 07】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です